にゅうとんを使ったおすすめレシピ

文殊にゅうとんで作るおいしいメニューを紹介します。肉質の良さが勝負どころ。脂身もさっぱりして柔らかい肉質はどんな料理にも合います。
文殊にゅうとんを使用したおすすめレシピをご紹介いたします。

お茶のスペアリブ

お茶のスペアリブ

● 材料 2人分

スペアリブ
(豚バラブロック)
5〜6個
350〜400g
塩・コショウ 少々
お茶
(沸かして飲める状態にしておく)
煮る時に、お肉が浸る量
(ティーパックがあると便利)
抹茶パウダー 小さじ大盛り1杯
白ワイン 適量
バター 2かけ
レモン汁 大さじ1杯
オリーブオイル 適量
ニンニク 2かけ

● 作り方

1.スペアリブを切る。(豚バラブロックの場合は、2cm位の幅で切る)

2.塩コショウで下味をつける。

3.オリーブオイルを入れた鍋にスペアリブ、ニンニクを入れる。

4.お茶で煮込む。
  両面にこんがり焼き色がついたら、お肉が浸る量のお茶で煮込む。

5.沸騰したら、抹茶パウダーを入れ煮汁が、少なくなるまで煮込む。

6.皿に盛りつける。

7.鍋に残った煮汁(大さじ、4杯程度)に白ワイン、バター、レモン汁、オリーブオイル加え、
  スペアリブにかける。

8.仕上げにオリーブオイルをかける。

付け合わせに、ジャガイモ・にんじんがおすすめです。

豚バラのわさび付け

豚バラのわさび付け

● 材料 2人分

豚バラのスライス 又は、
豚バラブロック
350〜400g
塩・コショウ 少々
わさび お好み

● 作り方

1.塩コショウで下味をつける。(豚バラブロックは、食べ易い大きさに切っておく)

2.フライパンを中火で熱し、温まったら、お肉を焼く(お肉から、油が出るので、油は必要ない)

3.焼きあがったら、お皿に盛り付ける。

4.お肉にわさびを付けて食べる。

付け合せにキャベツの千切りがおすすめです。
東京の芸能人が行く某有名焼肉店の、豚の食べ方です。
又は、ゴマ油に、塩を入れて作る、たれでも美味しいですよ。
たれは、キャベツにかけても美味しいです。

株式会社本巣畜産のホームページをご覧いただきありがとうございます。
本巣畜産では安全、安心、さらにエコな豚肉、文殊にゅうとんを皆様の食卓に届けることができるよう、日々、おいしくて健康な豚の育成に努力しています。
文殊にゅうとんについてのお問い合わせ、ご質問はお電話か当ホームページのメールフォームでお寄せください。

パソコンからのお問い合わせはこちら

おすすめレシピ

おいしさのひみつ

取扱店

販売店

会社概要

プライバシーポリシー

お問い合わせ